幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

FILE021:幸運の使者ピア健さん癒しの異次元ブログ

サイト名
幸運の使者ピア健さん癒しの異次元ブログ
URL
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/
著者
幸運の使者ピアニスト健太郎@筋トレマニア
性別
男(ゲイ)
血液型
A型
年齢
37歳
住所
東京都
学歴
東京音大作曲科(映画・放送音楽コース)出身
開始日
2008年5月29日
関連サイト
https://twitter.com/pianistkentarohttp://ameblo.jp/karaoke-prism(店長をしているカラオケ喫茶プリズムのブログ)
内容
スピリチュアル系

これまた素晴らしいブログを発見いたしました。早速、最新記事を見てみましょう。

地球の数学で導入された0という概念が、いかにナンセンスであるかは、「この世界のどこかに何も存在しない虚無な空間がありますか?」という問いを投げかけるだけで答えが出せるでしょう。
一見何もないように見える空間があったとしても、それは宇宙という存在の一部です。
0=虚無という概念が成立するのは、宇宙が創造されることもなく、創造主も存在しない状態においてのみです。
しかし世界もわれわれも現実に存在している以上、3次元世界でも異次元世界でも、0になっている場所はどこにもないことになります。
存在し得ない状態を状態を数とみなすという、致命的なミスを犯してしまった地球の数学はやがて行き詰まり、宇宙に虚無という状態が存在しないことを前提にした、9進法の数学へと移行せざるを得なくなるでしょう。
進化した星で9進法の数学が使われているのは、宇宙人情報に詳しい方であればご存じかと思われます。
9÷0の答えが出せない理由を、ピア健的に説明するとこうなります。数を数でない「虚構の概念」で割ろうとしているため、数式として成立していないからです。

「それはひょっとしてジョークで言ってるのか?」と訊いてみたくなります。電波すぎて、どこから突っ込んでいいのか分かりません。
その他、とっても面白いエントリーが並んでいます。
まあ、まさに波長同通の法則です。教団トップが異常な電波を発信しているから、そういうに惹かれて集ってくるのですね。教団は既に頭から腐っています。
でも、ピア健さんは、とってもいいキャラクターですね。お近づきには絶対なりたくないですが、見てる分には、非常に楽しいです。
いずれ、こんな電波な信者しか残らなくなるでしょう。というか、既になりつつあります。
勝手にマヤの予言に絡めて幸福実現党が惨敗したら何とかと言っていますが、またまたノストラダムスの再来ですか。おめでたいですね。こういう人たちは、一生、終末理論の妄想の中で生きていけばいいんだと思います。
今後も愉快なエントリーを量産してくれそうなので、楽しみにしています。