幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

「悪人正機説」を理解しない信者たち

最近、大川隆法は、親鸞を降ろして何か言ったようです。

この記事を見る限り、少なくとも現在の大川隆法は、親鸞のことは全く理解していないことが分かります。その影響が弟子にもそのまま現れています。

悪人でも悔い改めれば救われるのと、
悪人だからこそ救われるというのは、
似ているようで全く別のことです。
前者は悔い改め=反省という、
自力の努力の延長線上に救いがあることを意味しますが、
後者は悪人であっても何もせずに救われるという、
他力本願に終始していることを意味します。
「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」という、
歎異抄のこの一説が僕にはどうしても受け入れられません。
もし悪人正機説が真理であれば、
世の中の悪人は一人残らず全員天国に還っているはずですが、
現実には地獄に堕ちている人間が後を絶ちません。

親鸞が言った「善人」というのは、幸福の科学の信者のことですよ。幸福の科学の信者たちは、自らが善人である、善行を為していると信じて疑っていない。そういう人たちでは、自分は天国に行けると信じて疑わない。
親鸞は、もっと深い洞察に基づいています。そういう、自分を善人と信じて疑わない人たちは、自らの悪について、全くの無頓着なのです。私たちアンチが幾ら「間違っている」と指摘しても、聞く耳を持たない。害を垂れ流しているからやめろ、と言っても、聞く耳を持たない。
そういう「善人」でも、あなた方が言うように「天国に還る」のであるならば、自らの悪を自覚し、地獄に堕ちるかも知れないと戦々恐々として暮らしている当時の民衆たちへ向け、「あなたがた悪人こそ救われるのだ」と説いたとして、どこが間違っているでしょうか。
ピア健氏の言葉で言えば、「善人」は、自らの悪に気付いていないので、悔い改めることすらできません。
ピア健氏は、素直な方です。親鸞を理解できないとハッキリと表明している。幸福の科学の信仰を続ける限り、親鸞の心を理解することはできないでしょう。それは、教祖自身が理解できていないのだから。
それは、前エントリーとも関連することですが、幸福の科学は、教祖も職員も信者も、自らの判断力に絶対の自信を持ち、自分の行動を絶対善と信じているような「善人」ばかりです。だから、自分の持った「信仰」について、疑義を抱くことがありません。しかし、アンチはそうではありません。人間の判断は間違う可能性があり、それは自分も例外ではない、ということを知っています。自らが悪を犯してきたことも知っているし、今後、悪を犯す可能性があることも知っています。だからこそ、他人の悪を許すこともできるし、過去の自分を反省し、自分自身を本当の意味で許すこともできます。
幸福の科学では、疑いを持つことを「魔の惑わし」として禁止されています。これは、巧妙なマインドコントロールです。根本的な部分への反省を禁止されているのです。幸福の科学で、反省を説きながら反省がない、と言われる所以です。だから、信者は教祖に倣って、終始、自己正当化の言を並べ立て、反省することがありません。
悪人正機説が分からない」というのは、「私は他人を許すことができません」と表明しているようなものです。幸福の科学では「許す愛」とか説いていますが、それも口だけのことだったということです。
以下、うろ覚えの記憶ですが、親鸞は、「悪人というのは、そのように悪を為さざるを得ないような状況に追い込まれた時点で既に罰せられているのだ」というようなことも言っていたかと思います。吉川英治の『親鸞』で読んだものだったかも知れません。親鸞の言葉の背後にどれほど深い愛があるか、よくよく考えてみなければなりません。