幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

自らの狂信性を自覚しながらも、改めるつもりのない信者の例

私は、自信家であります。
私の自信は、根拠がないように見えますが、HSを信仰している方は分かると思います。
それは、内面から来るものです。
内から湧き出るものが根拠です。
一人ではないという自信です。
神が見守って下さるという自信です。
神が私の意見を支持して下さるという絶対的な安心感から来る自信です。
分からないでしょうね。
KのKのブログさんには。

この背面には、信仰を持たない者を差別する心が潜んでいます。この人も親鸞の言う「善人」のよい例です。自分が絶対正しいと信じて疑わない人の一人。

それに、何の文章はHSの優位性と先見性を暗に示しているのです。
読んでで分からなかったでしょうか(笑)

「何の文章」って何でしょうか。「あの文章」と読み替えればよいのでしょうか。日本語が不自由な方の相手をするのは疲れますが、できるだけ、理解に努めてみます。

この記事からリンクされたコウ氏の文章は、「HSの優位性と先見性」というより、自分の先見性を自慢しているだけのように見えます。(しかも、それは実際には思い込みであって、先見性でも何でも無い。)

まぁ、KのKのブログは、外面しか見てませんし、行間を読むのが下手な方のようです。
また、まったくKのKのブログは、信仰とか、思想の偉大さをまったく理解していません。
その文章から、推測するに可哀想な人だと思いますね。
なにか、HSに対して悔しいことでもあったのでしょうか?
悔しくて、悔しくて、復讐したいけれども、HSそのものに、批判するほど、知識も、度胸もないので、せめて、多少ブログの影響力のある信者に噛みついたというのが私の印象ですね。
憐れなり、と言ったところか。
ですが、HS側が何かをすることはあり得ませんので、あくまで、KのKブログのHSへの羨望が、嫉妬か何かに替わり、自らの思い込みが増幅されていったに違いありません。
根拠のない自信で推測ですかね(笑)

これについては、既に「幸福の科学根本教義批判」という小冊子を書いています。

是非、こちらからリンクを辿って行って、読んでみて下さい。幸福の原理(現代の四正道)批判を中心に、愛の発展段階説、次元構造説、信仰のあり方などについて、批判を加えています。どうぞ、まず、こちらを読んでから、再反論なりなさってください。
もしくは、pdfファイルが読めないということであれば、まだ夏コミで頒布したものの残りが数冊ありますので、自宅や近くの支部までお送りします。送料ぐらいはこちらが負担します。
コウ氏以外でも、もしご希望の方があれば、先着数名の方にお送りします。コメント欄で申し出ていただければ、お送りします。メールアドレスは公開していませんが、近々、フリーのメールアドレスは取得するつもりですので、非公開でやりとりしたいという方は暫くお待ち下さい。

しかし、選挙公示日に私のブログに噛みついてきた罪は重いと思います。
KのKブログが他のHS信者のブログに噛みつかないように私が引っ張りますからね。
どうぞ、論争しましょう。

公示日とか関係なく、それ以前から書いていましたが(ピア健ブログを巡って内ゲバのようなことがあったらしいのだが - 幸福の観測所)。本当に自意識過剰ですね。
ちなみに、私がこうした信者ブログを順番に紹介することを始めた動機については、幸福の科学の信者の実態を明らかにし、その異常性を世に知らしめるためです。コウ氏の対応も、それはそのまま、第三者にとっては、幸福の科学信者の代表的対応として見られますので、そのことは自覚しておいた方がよろしいかと思います。コウ氏の場合、言えば言うほど、自らの狂信性を世に広めることになります。
そもそも、「コウちゃん」とか、大の大人が自分のことを「ちゃん」付けで呼んで、恥ずかしくないのでしょうか。同じことはhs-snsに居たときに「ばくちゃん(土佐のくじら)」相手にも言った記憶もありますが。共通するものは、幼児性でしょうか。
幸福の科学には、大人になりきれていない、子供みたいな人が多いです。大川隆法も、似たような面があるようで、教祖によく似た信者たちだとも言えるかも知れません。以下の記事などを参照。

……そうした女性は、大川とタメロに近い言葉で話すんです。飛行機のファーストクラスでは、私もその場にいたのに、大川は赤ちゃん言葉のような甘えた声で、『○○ちゃん、ボクこれどうすればいいの?』と話しかけた。また、お気に入りの女性職員は『どーじょ』と言いながら、大川にジュ-スを飲ませていたことも。やっぱり、それは妻として許し難いことでした」

ついでに、twitterで面白い発言を見かけたので御紹介しておきます。

@jpn000z アンチのアホらとバカボンさんとの対決見たいな。と思っているのは、私だけではないはず(起爆) 相手してやりましょうよ(笑)

これについては、リバティの面白い記事があります。

今回の最澄の霊言の特徴として、慢心と嫉妬心からか、仏教者にあるまじき悪口雑言が見られ、質問者に対して「うるせえな」「バカ野郎」「アホか、おまえは」などと語気強く罵る場面が多かった。これは地獄に堕ちている霊の特徴であり、最澄自身が「修行場にいる」と言いながら、その修行場自体が地獄にあることをうかがわせた。

「バカ」とか「アホ」とか罵るのは、「地獄に堕ちている霊の特徴」だそうです。総裁先生の御法話を本に、リバティが言ってるんだから、あなたにとっては間違いのない言葉でしょう。コウちゃん、どーじょ(笑)、総裁先生のお言葉を有難く受け止めてくださいね。
一応言っておきますが、「エル・カンターレ ファイト」とかは効きませんからね。
幸福の科学内部では、秘密裡に種村氏に対して呪詛を行なっているという噂も聞いていますが、それも全く効果がなく、種村氏は今でもピンピンしています。「呪詛」というのは、匿名の内部告発者による情報なので、本当に行なわれているかどうかは分かりませんが、信者であれば、種村氏に対してエル・カンターレファイトぐらいは何人もやっていることでしょう。でも、全く効かないということです。エル・カンターレの霊力というのはその程度のものだということです。
以前、佐々木英信さんが新宿精舎で講演中に倒れたことがありました。その後、信者一同は、自宅や、各地の精舎で、こぞって病気平癒祈願を執り行いましたが、祈りの甲斐も虚しく、亡くなられたことがありました。エル・カンターレへの祈願は全く効かないということが証明された事件でもありました。奇跡の一つも起こせないような、こんなものが、地球神とか根本仏とかを名乗るというのは、まことに烏滸がましいことです。コウ氏もいい加減気付いて下さい。中二病から脱却してください。あなたは、大川隆法に騙されているのですよ。
天地が逆さまになっているのは、幸福の科学の方なんですよね。
「神を否定するのは悪魔である」という主張が正しいとしても、「神=大川隆法」というのが間違っているということです。私も神様は信じています。でも、大川隆法を神様だとは思っていません。ただの一人の人間だと思っています。人間を批判するのは人間です。悪魔ではありません。
だから、仮に「エル・カンターレ ファイト」が魔を祓う力があったとしても、相手が魔ではないのだから、祓うことができないというだけのことです。(そもそも、「エル・カンターレファイト」に魔を祓う力があるかどうかも疑問ですし、少なくとも、私は魔という存在はまやかしだと思っています。魔というのは実在するものではなく、人間が想像で創り出した幻影に過ぎません。)