幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

主観でしか物を語れない信者たち

幸福の科学の信者というのは、その場限りのことしか答えず、本質的な議論は避けるのですね。
誰一人として、「ヘルメス=ルシフェル」説に反論した人はいないし、「幸福の科学根本教義批判」について異議を唱えた人もいません。反論できないということは、認めてしまったということになるのに、誰一人として反論しません。
その理由は、幸福の科学の信者は、マインドコントロール、情報操作されているので、大川隆法の認識を超えた世界について、自分の頭で考えることができないからです。それだけの情報がないから、何もコメントすることができないのです。

ピッポさんからのお返事の紹介

さて、またお返事がありました。

この方も、私に対してお返事をしているようでありながら、実際は、お返事になっていません。
例えば、前の記事でピッポ氏が書いた、

『我々、如来級の天使であっても
ひとたび信仰を失えば、ルシファーのような大悪魔に成る危険性が有る!』

この言葉について、もう一度解説して貰えないでしょうか。
また、私は、

誰に対する「復讐」なのですか?私の文章のどの辺にそれを感じましたか?教えて下さい。

と書きました。これにも全く回答していません。回答できないのであれば、ピッポ氏の主観による決めつけでしかないということを認めたようなものです。
更に、前回は「無神論」などと一方的に決めつけながら、私が信仰している事実を示すと、謝罪するわけでもなく、今度は、

『彼は、霊界での経験が全く無い!』としか、言いようがありません

などと言っています。
「自分は霊的体験がある」、「他人は霊的体験がない」と思い込み、他人を見下す。こういう輩が「スピリチュアリズムの中にいるスピリチュアリズムの敵」と言われる人たちの好例です。
以下、妄想電波が続くのですが、全てあなたの思い込みです。何ら客観的事実を示していないので、説得力は皆無です。反論にもなっていないので、こちらとしても、前回した批判に、何も加えることはありません。
だいたい、ピッポ氏が「霊的体験」と言っているのは、ただの自分の思い込みに過ぎません。
他の人には確認できないだろうと高を括って、自己の主張を正当化するために利用しているだけです。オセロ中島を騙した占い師と同類の詐欺師たちです。
中二病でも恋がしたい!」というアニメもご覧のようですので、分かるでしょう。全部、あなたの思い込みの世界です。現実を正しく見て下さい。
あなたにも、六花と同じように、妄想の世界に逃げ込まなければならない理由があったのでしょうが、いい大人なんだから、中二病の世界から卒業すべきです。
世間に対し、毒電波を垂れ流し続けることは、迷惑この上ないです。
尤も、こういう類の妄想に取り憑かれた人は、もう、その人自身の力では、どうしようもないのかも知れません。
幸福の科学という宗教は、こういう、すっかり精神を病んでしまった方に対し、居場所を与えてしまいます。本来は精神疾患の症状である「幻覚」や「幻聴」を「霊現象である」と解釈して肯定し、有難がって、適切な治療を受けさせず、症状を悪化させてしまう。そういう意味でも、幸福の科学は邪教です。