幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

証拠隠滅か?街宣動画と記事が全削除されている件

リバティウェブの記事も全削除され、

記事データがありません。URLが間違っています。

と表示されるのみ。(「本日13日 幸福実現党創設者・大川隆法 街頭演説 動画1,2,3|LEO知的生活のすすめ」などからご確認下さい。)
幸福の科学公式サイトの記事も消されています(google cacheでまだ閲覧できます。http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:info.happy-science.jp/201212155093参照消えていました)。
各信者ブログに貼られたyoutube動画も、全て閲覧できない状態です。

街宣動画が公開されていたリバティ公式チャンネルですが、街宣動画はどこにも見当たりません。
推測するに、恐らく、

  • 公職選挙法違反の疑いで警告を受けたので非公開にした
  • まだ警告を受けてはいないが、警告を受ける怖れがあるので、自主的に非公開にした
  • あとでDVD化して販売するために非公開にした

このいずれかではないかと思います。
尤も、リバティウェブでは、一度出した記事を引っ込め、再度出すこともあるので(芥川龍之介の霊言の記事などがそうだった)、またしれっと何事も無かったかのように復活させる可能性もあるでしょうけども。
選挙違反の件は警察の仕事なので、私がどうこう言うべき問題ではありません。ここで問題なのは、「黙って削除する」という教団側の態度です。
削除するなら、ちゃんと理由を説明する必要があると思うのです。支持者たち(=信者さんたち)は、総裁先生の街宣だということで、喜んでペタペタブログに貼って「拡散」したわけです。その記事や動画を、何の説明も無く削除というのは、それはおかしいです。支持者に対する説明責任を果たしていないです。
教団や政党は、今までも、何度もこういうことをやってきました。何の説明もなく、不可解なことをする。その度に信用を失い、一人、また一人と、教団に愛想を尽かして去って行き、今のような惨状があるわけです。こういうことをしていたら、また真っ当な支持者を減らしていきますよ。
一度公開したものを取り下げるときは、一言ぐらい説明があってよいと思います。
ちゃんと正直に理由を書くのが一番です。宗教であれば、当然のことです。
でも、様々な「大人の事情」で理由が明かせない場合もあるでしょう。そんな時でも、何にも説明が無いよりは、「諸事情により、一時非公開にします」という一言があるだけでも違います。
それが無いから、「愛を説いているのに愛のない教団だ」と言われるのです。(逆にこちらが「間違っています」とか言われるんだから、酷いものです。)
「何度注意しても聞く耳持たぬ。それなら信者を減らして当然よ」という訳です。