幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

悪口を止めることのできない信者たち

幸福の科学には「不悪口戒」なんて無かったんだ……という事例のご紹介です。
過去にも何度か悪口の絶えない信者たちの姿をご紹介してきましたが(仰木の里レポート 番外編 態度の悪い信者たち - 幸福の観測所など)、また悪口全開で毒々しい文章を書いています。

こちらはアンチさんのブログで、それを指摘したものです。

幸福の科学ブログ村に、アンチブログが続々登録され始めました。
しかも皆さんランキング上位におります。


案の定、信者ブログでは拒否反応が出始め、盗賊団、ゴキブリ、悪魔のレッテルを貼っています。

教祖が「霊視」とか「霊査」とか称して、おかしなことを吹聴するから、信者もそれに倣っておかしくなって行くのです。
「素晴らしい教えを説く再誕の仏陀大川隆法先生」というのは、もはや、信者の妄想の中にしか存在しません。いえ、始めから大川隆法という人は単に口先だけでいいことを言っていただけであり、実は何の悟りも得ておらず、最初から詐欺師だったと言うべきでしょう。
「盗賊団、ゴキブリ、悪魔」などと言っているのは、いつもの子羊のピッポさんのブログと、そこにコメントしている匿名の信者たちです。

こちらの記事ですね。
私も一つだけコメントしましたが、まともな信者さんからのコメントもありました。それはリンク先で読んでいただくとして、以下、おかしな信者さんのコメントを引用しつつ紹介していきます。

「とうりすがりの会員」氏

「とうりすがり」と書いています。日本語の綴りすら分からない方のようです。

確かに、幸福の科学ブログ村は、狙われていますね。
只今ごきぶり3匹になりました。

そういう人が、アンチのことを「ごきぶり」と呼んでいるんですね。

一つおしといてやる。

「おしといてやる」とは、これまた意味不明です。「押しといてやる」なのか。「推し解いてやる」という漢字を当てると、「推測して解説してやる」という意味に取れなくもないです。
それとも「教えといてやる」と書きたかったのか。とっても上から目線ですね。「とうりすがり」と書くような人に、何を教わればいいのでしょうか。

Tが、どんなに自分の正当性を主張したとしても、そもそも、
Tには、その正当性そのものが崩れているのだよ。

私の本名のイニシャルもTなので、私のことかと思って少しドキッとしましたが、種村さんのことを言いたいようです。「正当性そのものが崩れている」と言っているこの人の「正当性」は、どこにあるのでしょうか。匿名で「とうりすがり」と書き、「おしといてやる」と謎の日本語を語り、言葉遣いも荒く、強圧的に上から目線で語る人の、どこに正当性を見出せばよいのでしょうか。私にはなかなか理解が難しいです。

それは、仮にプロのカウンセラーとして仕事をしているのであれば、患者に承諾なくそれを、無断で世間に公表するということは、信仰者以前プロとして失格なのだよ。
あまつさえ、その患者から知りえた情報で、自分がもと所属していた団体を誹謗中傷するなど、そもそもまともな人間のすることではないのだよ。

過去に公開されていた心検ブログの内容のことを言っているようです。あれは大川隆法の「霊言」のやり方を真似たもので、あのやり方を否定することは、大川隆法のやり方を否定することになります。勝手に「守護霊を降ろした」と言い、その人の本心と称して勝手なことを言っているじゃないですか。心検でも、建前上は「承諾を得て公開」ということになっていました。「とうりすがりの会員」氏の言い分は、事実に反しています。
しかも、心検では既にそのやり方はやめ、ブログ記事も削除しています。削除理由を書かれなかったのは私も残念ですが、恐らく、「とうりすがりの会員」氏が言うような批判にも耳を傾けて、一定の反省はあって、取りやめたのでしょう。既に反省したものについていつまでも粘着して批判を続けるのが、幸福の科学のやり方なのでしょうか。それは、既に敵が移動した後の陣地に射撃を続けるようなもので、相手には全くダメージがありません。
そして、すいふと氏が指摘しているように、この「とうりすがりの会員」氏は、「真実を語る」の方のブログには一切触れていません。

そんな人間の嘘を信じているなんて哀れな連中だな。
それに、だいたい、Tにカウンセラーとしての実力があれば、自分で食っていけるだろうが。
自分でくっていけないから、もといた団体を誹謗中傷し、なんとか、金をふんだくりたいんだろうが。
そういうこともわからないのか。

種村さんは、充分に「自分で食っていけ」ています。お母様の遺産があって、食うには困らない、ということも書いておられました(http://tanemura1956.blogspot.jp/2012/07/30-1-10.htmlhttp://tanemura1956.blogspot.jp/2012/07/blog-post_4551.htmlなどを参照)。この人は大川隆法の一方的な「霊言」を鵜呑みにし、種村さんの言い分には一切耳を貸していないことが分かります。
そして、とても口が悪いですね。
種村さんを始め、アンチを批判するにしても、こんな汚い言葉遣いだと、却って幸福の科学の評判を落としてしまい、逆効果になるということがこの人には分からないんでしょうか。それ以上に、感情が抑えられないという感じでしょうか。困った人です。恐らく、残り少ないまともな信者さんや、まともな職員たちも、こういうおかしな信者の扱いには困っているでしょうね。

そして、仏陀は、悪魔に対しては、非情であった。
と書いているやからがいるが、悪魔に情けは無用。
下手に情けをかけると増長し、それを、逆手にとって悪用するのが悪魔の手段。
わかりやすく、言えば、悪党が降参したとみせかけて油断したとたん、背後から襲ってくるのが悪魔。
これでも、わからないなら、もう、何をかいわんやだ。

やはり日本語がお下手なようで、理解するのが難しいですが、「仏陀は悪魔に対して非情であった。だから、情けをかける必要はないのだ」と言いたいようです。私は仏教には詳しくないですが、生前の仏陀が、生身の人間を「悪魔」扱いしたことはあったのでしょうか。私が知っているところでは、アングリマーラの事例など、寧ろ世間から悪魔のように恐れられていた人物を見事に改心させたことなどです。
「降参したとみせかけて油断したとたん」とか書いていますが、アンチがそういう風な態度を取ったことは、一度たりともあったでしょうか。どうやら、被害妄想に取り憑かれてしまい、人間を人間として見ることができなくなっているように見えます。余裕がなく、切羽詰まった感じがします。
そんなに思い詰めなくてもいいし、そんなに頑なになって心を閉ざす必要もないですよ。アンチも世間の人も、話せば分かる人間同士です。油断させて背後から襲ったりとかはしないです。
寧ろ、信者を安心させて油断させ、金品を自ら差し出させるように仕向け、行き過ぎた布施や活動によって信者の家庭を不幸にさせた上、それを「自己責任だ」と言って突き放すのは、幸福の科学の得意技です。

ぽん吉さんの「ゴキブリホイホイ」とは何か

ま、所詮、ブログ村。HS管轄外でのこと。HS本体はビクともしないさ。ゴキブリホイホイでも仕掛けましょうや。ねぇ。ホウサン団子でも仕掛けようよ。

アンチに興味ありませんので。
基本的に、カイザルのものはカイザルに、神のものは神に。で、ゴキブリはゴキブリホイホイに。
アンチなんか相手にしない方が良いですよ。

「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に」というのは聖書の言葉ですが、「カイザルの手から神のものを取り戻せ」というのが幸福の科学の思想です。この人、幸福の科学の信者の割に不勉強のようです。しかも、ここでその言葉を使うことは、文脈的に全く相応しくありません。
「ゴキブリホイホイ」とか「ホウサン団子」って何でしょうか。「アンチを毒殺せよ」ということでしょうか。この隠喩が全く理解できません。恐ろしいですね。カルト宗教って怖いですね。
だいたい、他人が悪魔やゴキブリに見えるというのは、自分自身の心の状態がそうなっているということでもあるんですよね。幸福の科学でも、「立ち向かう人の心は鏡なり」という言葉は教えられている筈です。仮に相手がどんなに悪人だったとしても、相手の心の中に、一片の仏性すら見出すことができないとしたら、それは正しい信仰者とは言えないと私は思います。
邪教を信じていると、物事が歪んで見え、世の中が実相から掛け離れた姿として認識されてしまいます。世間の人が宇宙人に見えたり、悪魔に見えたり、ゴキブリに見えたりします。
「世の中が歪んで見える」というだけでも可哀想なことではありますが、私や外部の人間が幾ら言っても拒絶されるだけですから、自分で気付いて貰うしかありません。

もん吉さんがルチア霊言に惑わされている件

でも今、ルチアっていう人のコメントを読んでるんだけど。
まだ消化不良でどう考えるといいか、よくわからないんだよね。
妄想にしては、整合性があるし。

と、前はレムリアに引っかかっていると思ったら(もん吉さんがレムリア・ルネッサンスに嵌りかけている件 - 幸福の観測所参照)、今度はルチア霊言に惑わされているようです。まあ、幸福の科学を離れる過程で、誰もが通過するところではあるので、温かく見守っていきたいと思います。タブーを恐れずに真実を探究しようとする心は、きっと、もん吉さんの将来を明るく開いていくことになることでしょう。