読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

貴船神社の菖蒲神事に参列してきました

閑話休題

昨年四月に初めて参拝して以来、すっかりお気に入りの神社になりまして、今回で三度目の参拝でした。
一昨日の、仰木の小椋神社で祀られているのが闇龗神(くらおかみのかみ)でしたが、こちらの奥宮で祀られているのも同じ闇龗神です。貴船神社には、本宮と奥宮があって、奥宮というのは奥宮というだけあって、本宮よりも更に奥にあります。ちなみに、本宮で祀られているのは高龗神(たかおかみのかみ)であり、「同神異名である」ということのようです。
菖蒲神事については、公式facebookの以下のページに、写真付きで詳しく解説されていました。

<菖蒲神事> 5月5日 11:00齋行 ※先着30名様まで一般参列可能

と書かれてあったので、折角だし、よっしゃ行くか、と思って行ってきた次第です。

菖蒲神事までの話

京阪出町柳までは、電車もそれほど混んでいなかったのですが、そこから先の叡山電鉄が非常に混んでいました。今まで参拝したときも休日でしたが、流石にGWだけあって、貴船口に着くまで満員電車でした。
貴船神社に着くと、やはり、参拝者でごった返していました。ただ、神事に参加する人はそれほど多くなかったようで、単に観光目的で来られた方が大多数でした。ということで、特に並ぶ必要もなく、参列することができました。
f:id:antikkuma:20130505103934j:plain
こちらは、貴船神社に揚げられていた鯉のぼり(と馬)。
余談ですが、どうして白と黒の馬がいるかというと、その昔、「晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納された」ということが元になっているとか。後に、本物の馬の代わりに絵の馬が奉納されるようになったのが絵馬の起源だとか。

菖蒲神事の話

神事中の撮影は禁止ということだったので、大人しく見入っていました。社殿はとても綺麗で、神主さんは六名ぐらい、神楽奉納のために巫女さんが一人。巫女さんは、朱色の袴に桜色の羽織で、頭には花の冠を被っていて、とても美しかったです。
神事は、最近見た儀式の中では、ちょっと格調高い感じがしました。
他と比較するのは間違いかも知れませんが、最近見た他の神社のお祭りだと、氏子とか地元の議員さんとか有力者が参列していたりして、どちらかと言うと人間中心という感じがしたのですが、貴船神社の神事は、そういった俗っぽさがなく、神様のためだけに行われている神事、という感じがしました。
私は、今年に入ってから参加したお祭りの中では、こちらの貴船神社の神事が一番気に入りました。(好みで選んで良いものではないかも知れませんが。)巫女さんの舞いもとても良かったし、神主さんたちもかっこよかったです。
このように節句を祝うというのにも、面白い物語があるそうで、時間と興味のある方は

こちらをどうぞ。
年間の節句の行事は、一月七日に若菜神事(七草)、三月三日に桃花神事(桃の花、草餠)、五月五日に菖蒲神事(ちまき)、七月七日に七夕神事(そうめん)、九月九日に菊花神事(菊の花)の五回、毎年行われているそうです。私もできれば全部制覇したいところです。

神事のあとの話

おみくじを引くと「凶」でした。そこには「人の言葉に惑わされるべからず」と書いてあり、その矛盾にツッコミを入れつつ、「おみくじ製作者の気遣いなのではないか?」とも思って少しニヤリとしつつ、しかし、「なるほど、これは自分の考え方に対するダメ出しなのだ。おみくじを引いてそこに何かを期待するような心性、そうやって何かに依存しようとする心の傾向性が『凶』だと言っているのだ。ならば、もう二度とおみくじは引くまい」などと考えながら、奥宮に参拝。
f:id:antikkuma:20130505121150j:plain
道中、目には春らしい鮮やかな緑がいっぱい飛び込み、耳には近くを流れる貴船川のせせらぎが心地よく響き、鼻には優しい自然の香りが漂い、肌には柔らかな日差しとそよ風が気持ちよく、そして、こちらがお昼に食べた鮎茶漬け。
f:id:antikkuma:20130505123018j:plain
お店は貴船神社の鳥居すぐ横の「鳥居茶屋」です。非常においしうございました。
春の貴船は、もう、五感全てが気持ちいい場所でした。
次回は、是非、川床料理を戴きたく思っています。

その他

GWとかの非常に混む期間は、貴船神社には、車では行かない方がいいです。道も狭いし、駐車場も足りません。私は歩きでしたが、見ていて、すれ違うだけでも大変そうでした。
それから、帰り道で、何故かふと思い立ち、河川敷に降りて貴船川の向こう側へ渡ろうとしたら、岩の上でツルッと滑ってしまい、バシャーンと右足を川に突っ込んでしまいました。昨日買ったばかりの新品の靴だったのに!
足と靴を乾かしながら、「なるほど、これが凶ってことか!」と感心したりしました。
しかし、まあ、水の神様ですから、川に片足を突っ込んでしまったことは、別に悪いことではなかったかも知れません。寧ろ縁がついてよかったと解釈しておこうかと思います。
その後、ついでなので、更に色々と京都市内を回ってから帰ってきました。GWだけあって、どこも非常に人が多かったです。やっぱり外人多いなあ、と思いました。
f:id:antikkuma:20130505144738j:plain
ここにも寄りました。以前に来たときとはまた色々変わっていて、思うところは色々とありました。
今日は、人生について考え直すいい時間が持てました。