幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

大川隆法の「元慰安婦霊言」は酷すぎる(追記あり)

慰安婦問題で、このような「霊言」をやったらしい。

ついに超えてはいけないラインを越えてしまったのではないか。
大川隆法とリバティ編集部は幾ら何でも酷すぎる。
少し前の記事で信者の「慰安婦」に対する意見を紹介したが、どうやら、それは公式に発信されていたもののようである。もう、教団全体が頭からお尻まで腐っているとしか言いようがない。

 だが、そもそも「元・従軍慰安婦」と名乗る女性たちの証言が正しいか否か、ということを問う必要があるだろう。日本軍に強制的に連れて行かれたという話がウソだったり、職業として成立していたものであれば、当時の日本だけが人道的にも法的にも罪を問われるいわれは全くない。

また「日本だけが」「罪を問われるいわれは全くない」という論調である。
しかも、これも国語としておかしい文章になっている。「たり」が並列として使われていなかったり、「であれば」で繋がれた後、唐突に「当時の日本だけが」などと出てくるので、よく分からない文章になっている。
「日本軍に強制的に連れて行かれた」ということを「ウソ」と断定するのはいかがなものかと思う。被害者の感覚としては、それが日本軍でないその他の業者であったとしても「強制的に連れていかれた」という感覚は事実だろうし、日本軍を相手にした仕事を強制的にやらされたこともまた事実であっただろう。記事中には「年齢詐称」などと言って、

「16歳以上だったら結婚できるから、もう大人で同情されないけど、11歳とか13歳だったら同情されるからね」

こんなことを「霊言」として言わせているが、これも酷い話である。仮に16歳だろうが、まだ幼い少女であるし、本人の意志とは無関係に強制的に毎日数十人の相手をさせられていたというのは考えただけでもおぞましいことである。そのことに年齢など関係がある筈もない。
いずれにせよ、二十歳にも満たない年齢で、自らの意志で戦場近くまで行って売春を行おうと思う人間がいるわけがないのであり、軍が公式には直接関与していないとしても、強制的な連行があったことは間違いないし、日本軍兵士相手の「仕事」であったことも間違いない。
「他の国も似たようなことをやっていたから」と言って、「日本だけが人道的に」「罪を問われるいわれは全くない」とは言えない。これは人道的に大きな罪であり、まず日本が率先して反省しなければならないことである。「法的」には罪は問われることがないとしても、日本の一国民として、日本国政府には誠意ある対応をして欲しいと思う。
いやあ、とにかく、幾ら何でも酷すぎます。今までの「霊言」はほぼ公人相手のものであったから許されたようなものの、このような一私人に対し、しかも極めて繊細な問題に対して、一方的な決め付けで断罪をするというのは、酷いです。酷すぎます。
また信者減らしの大きな失策の一つになったんじゃないでしょうか。でも、アンチとして「またやらかしてくれた」と喜ぶより先に、被害者に対して何ら配慮がなく、単に見せ物や笑いものにしようとするこのような態度に、非常に腹が立ちます。
これが自称「再誕の仏陀」であり自称「救世主」のやることですか。これが「愛の神エル・カンターレ」のやることですか。こういうのを「悪魔の所業」と言うのではないでしょうか。
幾らなんでも酷すぎます。

追記

カルト新聞のコメント欄に非常に参考になる書き込みがあったのでご紹介します。

匿名 さんは書きました...

2ちゃんのバカに返答

>「従軍慰安婦」とは朝日新聞が捏造した単語が一人歩きし

従軍慰安婦」という言葉を最初に使われたのは千田夏光氏の著作『従軍慰安婦』(1973年)。


>それに便乗した韓国が日本誹謗の歴史カードに使用したもの。

従軍慰安婦」だった女性達の告発が発端。

慰安婦は朝日の捏造だったんだよ」は以下を読めば捏造である事は明らか。
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20111221/p1
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20120812/p1
http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20130309/1362848490



従軍慰安婦問題に火を付けた朝日新聞上村隆

上村氏が記事にするよりよりも前に読売が1987年8月14日に下のような記事を掲載している。

従軍慰安婦とは、旧日本軍が日中戦争と太平洋戦争下の戦場に設置した「陸軍娯楽所」で働いた女性のこと。
 昭和十三年から終戦の日までに、従事した女性は二十万人とも三十万人とも言われている」

2013年5月22日 9:22

匿名 さんは書きました...

>従軍慰安婦の問題
>いよいよ決着をつける時期が来ました!

決着がついてくれるといいね。もちろん君の望む方向には絶対に決着がつかない事は確定しているがね。

世界各国の慰安婦に関する勧告や決議を読めば理解できるよ。
http://homepage2.nifty.com/osakaaala/sab7ianfuby0gikaiketugi.htm


>場合によっては、中学・高校の歴史の教科書に「朝鮮人のブローカーによって併設された慰安所のせいで、日本陸軍は20世紀末より言われなき謗りを受けた。」

絶対にならない。中央官庁や軍中央とか出征軍の参謀長レベルで慰安所設置の準備をしたり「慰安婦」派遣を要請してた国って日本以外にありませんから。

従軍慰安婦」という制度が、ほぼ旧日本軍独自のもので、歴史的にも特殊な例であっ たのは、セックスとそのはけ口としての女性を公的に「兵站」に組み込んだ点。
武器、食料、医薬品などと同様に女性も軍の"物資"として扱われた、ってこと。そして、兵站に組み込まれた以上、必要量を確保しなければならないから、 そこから強制までは半歩の距離でしかなかった。だから、当時の国内法まで 無視した、ってこと。
2013年5月22日 9:44

なるほど。私も自称「保守派」による偏った情報しか持っていなかったので、勉強になりました。