幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

中川隆(現・大川隆法)の誕生日は七月七日ではありません

強制移動を食らわないうちに、信者さんにお知らせしたいことシリーズです。
すいふとさんのブログを読んだのですが、今年は七月七日が日曜日なのにも関わらず、「御生誕祭」は七月六日土曜日に開催されるそうで、とても意外でした。やっぱり、大川隆法と雖も、本当の誕生日でもない日に「御生誕祭」を開催するのは、良心が咎めるのでしょうかねえ。
「何それ、初めて知った」という純朴な信者の方のために、詳しく書かれている他のサイトをご紹介します。
まずは大川隆法による発言から。

私は昭和三十一年の七月七日、朝、潮満つるころ、七時ごろに生まれました。
その数字の示すとおり、777という数字が並びます。
7という数字は、天上界において、勝利を意味する数字であるのです。
これは一つには勝利を意味し、もう一つには完成を意味する数字であります」
(1990年第7回大講演会「勝利の宣言」より)

これは、事ある毎に持ち出される、かなり有名な発言です。(但し、未だに書籍化はされていません。)
上の記事から辿っていくと、複数の方が聞いた、中川隆の母親である中川君子の証言によれば、七月七日ではありません。

元職員・アルゴラブ氏の証言

中川隆クンの誕生日は1956年7月7日となっていますね(さらに確か7時7分7秒とか言ってましたが)。
誕生日のことなどたいして気にせず、意外とさらっと流して聞いている方がほとんどだと思いますが
実はこれ誕生日ではありません。単なる登録日なんです。
彼は川島町の中川家にて産婆さんの手によって取り上げられています。
病院ではないので、正確な時刻など記録されていませんし
それどころか役所への届け出も親の都合の良いタイミングで行くわけですので、日付も好き勝手できたそうです。
現在の常識的には考えにくいことですが、当時の田舎町にしてみたら特別不思議のないことだったようです。
ちなみに父親の善川も同様に産婆さんによって取り上げられたので同じ状況であり、そうした点からも不正という意識ではないのです。
では、いつ生まれたのか?はっきりした日時は不明ということになります(6月下旬だったらしい)。
これは父の善川と、母の君子の会話によります。
善川は少しバツが悪そうな表情でしたが、君子女史は無邪気に語っていました。
当時の地元の会員は苦笑いで聞いていましたね。

とのこと。

別の匿名氏の及びファルコン氏の証言

812 :神も仏も名無しさん:2011/02/08(火) 20:21:02 id:NxLavKRe
徳島の会合で、母親の中川君子さんが、

「隆は7月7日生まれではないですよ、ほほほ」と笑っていたね。

実の母親にとっては、子供が生まれた日は、とても大事だ。

勝手に誕生日を変える隆は「親不孝者」


820 :神も仏も名無しさん:2011/02/08(火) 20:33:39 id:lpcXZVtO
>>812

嘘を書いても真実になりませんので、ファルコンさんにもお伝え下さいね。


822 :ファルコン ◆dviUrYQv1gs7 :2011/02/08(火) 20:40:45 ID:9jU/12Pl
>>820
残念でした。大川の実母君子さんは
「隆の誕生日は7月7日じゃない」と話し続けていたんだよ。

アルゴラブさんが書いて下さったおかげで
理事経由の情報と伝達されたソース(君子さん)の正しさが最終的に証明出来たわけでね。

ご苦労さんでした。

とのこと。
このように、中川隆の誕生日が七月七日でないことについては、複数の情報源があります。

昭和三十一年の七月七日の朝七時ごろは「潮満つるころ」ではない

ついでに、大川隆法

私は昭和三十一年の七月七日、朝、潮満つるころ、七時ごろに生まれました。

と言った件について。これは獏論のマルク氏が検証してくれています。

大川隆法氏は、徳島県麻植郡川島町(現在・吉野川市)が出身地。
「朝、潮満つるころに生まれた」というのは、「満潮頃」ということですよね。それは当然徳島県内、出生地近くの海だということになります。上の地図の赤丸ポインターが出生地川島町、地図右下に「小松島港」があります。大川氏の言うことが本当なら、ここの潮汐表を見れば合致するはずです。ところがそのデータによると、昭和三十一年の七月七日午前七時には、下げ潮(引き潮)になっています。

とのことで、詳しくはリンク先へどうぞ。
信者の方の反応が気になります。「それでも大川隆法の誕生日は七月七日だ!」と言い張るのか。それだと、「潮満つる頃に生まれた」というのが嘘になります。或いは、「大川隆法の誕生日が七月七日でなくても問題ない!」とするのか。それだと、大川隆法が嘘吐きということになります。
あれ?どっちにしても嘘吐きですね。困りましたね。
ちなみに、私も、誕生日が七月七日でなくても何の問題もないと思います。でも、嘘を吐き続けているとしたら問題です。
そもそも、生まれたのが海の近くでも何でもないのに、どうして「潮満つる頃」というのが分かったのかどうか、という疑問もあります。