読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

「美しい、ビューティフルな」という表現は斬新ですね

個別記事紹介

「おいしい、デリシャスなラーメン」とかいう感じですかね。強調している感じは伝わります。ルー語を更に一歩先へ進めたような、独創的なセンスだと思います。
ところで、何が「【閲覧注意】」なのかは分かりませんが……。また「幸福の科学」カテゴリに戻ってきたのですね。

「ブログ村」批判はやめた方がいいのでは……

本音では、にほんブログ村がアンチに占領されようと、「ノープロブレムだ」と思っています。
むしろ、「にほんブログ村は、ゴキブリホイホイだ(笑)」とすら思っています。

以前のブログのときに、ブログ村に対する誹謗中傷をやって追い出されたことを忘れてしまったのでしょうか。

手を出し過ぎでは……。

HTML、CSSJavascriptPHPMySQLApacheLinux、英語、アラビア語、その他外国語を勉強しつつ、会社を作り、富の奇蹟を起こさなければならないので、10年以上はかかると思いますが、必ず作ります。

これって、手を広げ過ぎじゃないでしょうか。「戦力の集中」とか、大川隆法も言っていたかと思うのですが……。例えば、今までweb屋をやっていて、英語も学生時代に使い物になる程度に身に付けていて、アラビア語の基礎も学生時代にできている人が、加えてアラビア語をもっと勉強する、とかいうのなら分かるのですが、「全部これからやる!」というのは、無計画というか、向こう見ずな感じがします。
「富の奇蹟」と言っていますが、前々回の記事で書いた交通事故の例でも見られるように、エル・カンターレは何の力もありません。「奇蹟」を起こすとしたら、それは個人の力によります。
もちろん、梅ちゃんがどういう人なのかは知らないのであれですけど、これまでの文章を読んだ限りでは、そこまで天才的な人とも思われないので(寧ろ平均以下と思われる)、身の丈にあったやり方や目標を考えた方がよいのではないでしょうか。自分の分というのをよく弁えて、他人に任せるべきところは他人に任せるのがよいのでは、と思います。

アンチ(特にUMA)に対しては、「私の邪魔をしたければアラビア語を勉強しなさい(笑)」とだけ言っておきます。
2ちゃんねるや、ブログで戦えると思った時点で、アンチ(特にUMA)の負けなのです。
私の方が100倍もスケールが大きいのです。

別に邪魔をしたいなんて思っていないし、逆に、こないだから応援してるじゃないですか。
ちなみに、アラビア語については、学生時代に少し齧ったことはあります。「英語」なんかよりもずっと歴史は深いので、面白いですよね。片手間にやって身に付けられるものでもないと思いますけれども、まあ、やるというなら止めません。
異なる言語を学ぶというのは、その文化や考え方を学ぶということでもあります。また新たな視点が得られることでしょう。世界を広く知るというのは、カルト教団の呪縛から逃れるためにも効果的です。頑張って下さいね。
ところで、この間は

私は、もう、あなたに興味ありません。

とか書いていたのに、もう前言撤回でしょうか。
それから、「負け」とか何とか言ってますが、勝負しているわけではありませんので……。それとも、前回のブログで失敗したことの恨みでしょうか。でも、あれは梅ちゃんが勝手に自滅しただけですよね。自分で敗走しておいて、「(ブログには)限界を感じている」とか「アンチの負け」とかいうのは、普通は「負け犬の遠吠え」と言います。
私の立場からすると、梅ちゃんはカルト教団にマインドコントロールされている可哀想な人、または大川隆法とその仲間たちによる宗教詐欺に引っかかっている被害者であって、救うべき対象です。勝ちも負けもありませんし、敵でもないです。妄想の中に生きることを止め、現実を直視して欲しいと思います。