幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

アンチ(元信者)にもおかしなのがいること

過去の記事(梅ちゃんvsヒデボー氏?(追記あり) - 幸福の観測所など)でも書きましたが、アンチの中にもおかしなのがいます。「ルチア」の他に、「聖杯と剣」、「日大B判定」というのもいます。彼らは、まともなことを言うこともあるのですが、おかしなことも言います。まともなこととおかしなことの割合は、人それぞれ違いますが、大人しい時はまともな場合が多いです。掲示板に連続で書き込むような状態になると、概ねおかしな内容が続きます。
種村氏も、ちょっと扱いに困る人です。
普段はそういう人たちも無視するだけですが、余りに酷いのは一言物申しておく必要があるかと思い、今回は書かせて戴きます。

ソフィアという人について

昨年の今ごろでしたか、日大B判定というキチガイアンチの「大川隆法の次男が死んだ」という根も葉もない妄想話を信じ、大騒ぎしていたことがあったので、私はその時も注意喚起をしたことがありました。

34 :UMA:2012/07/16(月) 22:44:23
坊っちゃんという人、私はよく知らないのですが、荒ぶってますね。
私も書き込みましたが。(id:fJuYwwdP
坊っちゃんやソフィアやジランなどの書き込みを見ていると、アンチ(退会者)の信用度を下げることしかしてないですよね。


ふたスレ前の書き込みですが、
>826 : Classical名無しさん : 2012/07/13(金) 17:00:31.23 id:Ff3Kuw3v [1/3回発言]
> >820 敵対した相手のネガティブな証拠があれば出世?
> あれ?アンチも敵対した相手=幸福の科学のネガティブな証拠を集めて
> ませんか? 総合本部の性格傾向と、アンチの性格傾向は、まるで鏡です。
> 私も幸福の科学はカルトだと思うけど、アンチはもっと嫌い!!


この意見が普通の退会者の素直な感想ではないかと思います。
でも、こういう人を「工作員」認定してしまうのがソフィアとか坊っちゃんなんですよね。
自分たちが知らず知らずに「アンチ」の信用度を下げているとも気付かないようで、困ったものです。

これは昨年七月の私の書き込みです。
現在のソフィア氏のブログも、正直言って、大半は気持ち悪いのでまともには読む気がしません。
獏論のマルク氏からも批判されていましたが(獏 論 [幸福の科学アラカルト] アンチがまた泥棒している参照)、未だに全く別人の写真を「拡散」したりしています(過去世設定一覧 INDEX Reincarnations Settings)。

ソフィア氏のueyonabaruさんの掲示板での狼藉

こちらの掲示板に殴り込みをかけ、強制退会→別のハンドルネームで入会、ということを繰り返しました。
ソフィア→ブリュンヒルデ→Shel Zahav→Angelique→ヨーゼフ→hagakureなど、本当にキチガイじみています。これでは退会を促進するどころか、信者からは「アンチって気持ち悪いし、やっぱり悪霊にやられちゃってるのね」と思われて、逆効果になるだけです。
信者の方にもお願いしたいのは、ソフィアや日大B判定のようなキチガイを見て、それがアンチ代表だとは思わないで戴きたいです。
一番酷いのはこれですね。

組織や実名を出し、他人になりすまして脅迫まがいのことを書き込むというのは、名誉棄損でもあるし、業務妨害にもなります。常識的マナーを守れないのであれば、信者とかアンチ以前の問題です。

cosmo77さんの意見に同意

アンチさんが 書き込まれる是非は おくとしましても
どなたにせよ マナーは守る というのはいかがでしょうか

突然現れて たいした ご挨拶もなく
長文を書き込んだり 写真を貼り付けたり。。

■ 相手が 信仰を持っているということへの配慮をする

■ 文書は 手短に簡潔 明瞭 論理的に 書いて 応答しあう

■ きちんとした 挨拶や 自己紹介ぐらいはする

なんて いかがでしょうー

少なくても 礼儀やマナーは 守りませんか

特に一番下のところが私は同意です。
私も、「何とかレッドドラゴン」とか言うおかしな粘着信者に付き纏われたこともあるし、「才谷梅太郎」を名乗る信者に個人攻撃のブログをやられ、あることないこと書き立てられ、ちょっと困ったこともあります。謎の粘着アンチに付き纏われたueyonabaruさんには同情します。
ソフィアさんは、頭を冷やされた方がいいでしょう。
嘘を吐いたり、他人になりすましたり、多重ハンドルネームを使ったり、自作自演をしたりというのは、議論以前の問題です。対話が成り立ちません。対話というのは人と人が対等な立場であってこそ成立するものです。
相手を同じ人間として見ず、相手の立場を尊重しないということであれば、信者がアンチに対して悪魔やゴキブリ呼ばわりすることと同じです。
批判をする側の人間は、批判される側よりも厳しく自己を律する必要があるのでしょう。私もそれを自戒しつつ、アンチ活動を続けていきたいと思います。

六月十三日追記

なんか粘着されて捏造だの何だの言っていますが、相手にするつもりはありません。
興味がある方は、参考スレ等を上げておくので、自分で見に行って下さい。

こちらにはソフィア氏の自己紹介があります。

ソフィア氏が暴れていた頃の2chのスレです。その前後のスレも読めば、ソフィアがキチガイ呼ばわりされても仕方のない人間であることが分かるでしょう。

思うことなど

カルト教団から離れても、救われない人は救われないんですね。信者であっても、ニャーさんのように、ずっと苦しんでもがいている人もいるし、退会してアンチになっても、ソフィア氏のように精神状態が不安定で、暴れて周りに迷惑をかけ続けている人もいる。
彼らが救われる道はどこにあるのか、ということは、私も「幸福の科学」関係者の一人として、縁ある仲間の一人として考えなければならない所です。
何とか手を差し伸べたいとは思うけれど、でも、残念ながら、ネット越しでは、できることは限られています。私の時間も限られています。私にできるのは祈ることぐらいです。
まあ、やっぱり、「普通がいちばん」ということが何よりなんじゃないかなあと思います。
「生きているだけで丸儲け」という言葉もあります。ゆっくり行きましょう。

六月十四日追記

更に追記ですが、退会後の「デトックス」に最も効果的なのは、一般の人と交流することだと私は思います。
失礼を承知で憶測で書きますが、ソフィアさんは、書き込み時間やその内容から推測するに、恐らくまともな仕事はしてなさそうですし、その態度の異常性から推察するに、現実の人間との交流が殆どないのではないでしょうか。思うに、現実世界で本音で語り合える人が一人でも居たら、大分違うのではないでしょうか。
私は、信者時代には、信者との交流しかなくて、一般の人との交流はほぼ皆無でした。「雲水修行」をやってから、その傾向が益々強くなりました。
唯一、仕事で一緒にやっていた先輩とは何かしらの繋がりがあり、その方には信仰告白もしたし、献本もしたし、後に退会報告もしました。どんなときも、温かく包んで下さる方でした。今、アンチブログをやっていることも知っています。よく家に呼ばれて食事をご馳走になったり、観光や初詣にもご家族と一緒に連れていって貰ったりもしまして、大変お世話になりました。今振り返ると、私にとって、それは本当に有難いことでした。
で、今も、退会してから働いた職場でできた友人や上司の方、今の職場の人との繋がり、近所の人たち、仰木の里の住民の方、それから綾部の大本信徒連合会の人たちや、その周辺の一般の方たち、それからネット上でもgurenekoさんやぷらむさんなど、一般の方々との付き合いがあることで、私もある意味「監視」されているので、極端におかしな方向へはいかないのだろうと思います(極たまに、私がおかしなことを書くと、ツッコミが入ったりすることもあります。逆に、こっそり応援メッセージを送って下さったりもします)。
人は、生身の人との交流を通じて、人間らしさを取り戻していけるのではないか、と思っています。