読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

加納氏の日本語が酷すぎる件

個別記事紹介 スピリチュアル系

はじめ読んだとき、「加納氏が大川隆法の意見に反したことを主張し始めている!これは取り上げないと!」と思ったのだが、読んでいるうちに、どうやらそれは違うということが分かった。でも、折角書き始めたので、テーマを変えて書くことにした。
加納さんの日本語が拙すぎるので、どこが加納氏の言葉でどこが「長山先生」の言葉なのか非常に分かり辛くなっている。

今、わが党が選挙で選ばれた元首を置く大統領制、あるいは共和制の方向を標榜している。そして天皇を文化的象徴としてその権威を護るという。
私が政治家として日本で生きていくにあたり、歴史的に考察をすれば一般論として「國體」の変革を迫るのは致命的である。
小沢一郎も習金平の天皇の政治利用を幇助した時点で、命脈が尽きたともいえるのである。
さらに、わが党が、西欧的価値観で、「元首責任論」を説き、天皇を護るために「元首」ではない文化的象徴とする云々は、到底日本固有の國體論に鑑み、受け入れられない。
これは正か邪かという議論ではなく、この國體論は、唯一「大川隆法総裁先生」のみ踏み込める領域であり、われら弟子としては、軽々に本来踏み込めない領域であるという最低限の躊躇いがあってしかるべき・・・。

ここまで読み進めてみて漸く分かったのだが、この辺はどうやら全て「長山先生」の言葉であるらしい。「受け入れられない」の主語は、「長山先生が」であるのだろう。「わが党」とか「私が」とか「われら弟子としては」とかいう言葉が、加納氏の立場から書かれているから非常に分かりにくくなっている。
最初に、「長山先生はこのように仰られた。」と書き、「わが党」は「あなたがたの党」と置き換え、「私が」を「あなたが」に置き換え、「受け入れられない」の前に「私は」を挿入し、「われら弟子としては」を「『弟子』の立場であるあなたがたが」に置き換えれば、もっと分かりやすくなる。

以上が、長山先生から指摘された論点の一部です。正確に再現できていない部分もあり、先生には失礼とは思いますが、國體論に踏み込んでいる以上、弟子は生半可な知識で語ってはならないと思った次第です。
さらなる歴史学習の必要性を痛感した次第です。総裁が仰っているからと言って、軽軽に不勉強のまま語ることはできないと自戒した次第です。

ここではまず、「弟子」という言葉が何を意味するのかが分かり辛い。「先生には失礼」云々と出てくるので、普通に読むと「長山先生の弟子」という意味で解釈してしまう。しかし、それまでの文章から判断すると、「大川隆法総裁先生の弟子」という意味で言っている可能性もある。加納氏の思いを読み取れば、後者なのだろうと推測される。
つまり、加納氏が言いたいことは、「國體論に踏み込んでいいのは大川隆法総裁先生だけ!その弟子である私たちは、もっと慎重にならないとね!」ということなのだということが分かった。

まとめ

加納氏が「致命的」なのは、カルトに入信していることと、国語能力が酷いということだと思います。
加納さんも薄々気付いておられるでしょうが、結局、大川隆法は天皇になりたいんですよ。霊的に言えば、「アヌ・エンリル」親子が神道を乗っ取ろうとしているということです。2011年以降、唐突に自分の子供たちの過去世として「天御中主」とか「天照大神」とか「国常立神」とか、或いは明治天皇等の歴代天皇とかを認定し始めたことを見てもそれが窺えます。以前から一貫してそう言っていたならともかく、思いついたように突然「過去世」を増やしてきましたね。いい加減にも程があります。
今日はスピリチュアルな話で締めましょうか。以前に私が子羊のピッポさんのところで書いたコメントです。

神話的な話をするなら UMA さん


もん吉さんには話が通じそうなので書きますが、ヘルメスは、神話的には泥棒の神や詐欺師の神であったりもします。
冥界との通信も司っているようで、所謂「死神の鎌」といわれるハルパーがその武器です。
幸福の科学では美化されているので、この辺が隠されています。)


また、シュメール神話では、エンリルの父親が天空神アヌです。
アヌは「神の父」を名乗っていますが、実はそれ以前に天神アラルというのが居たのに、その地位を乗っ取ったのがアヌでした。
高橋信次=エンリル、大川隆法=アヌです(太陽の法に書いてあります)。
私はそういうことを調べているうち、惑星ニビルから来たアヌ・エンリル親子が言葉巧みに日本人を騙し、日本を乗っ取ろうとしているのが幸福の科学であるという結論に達しました。


「エル」と名のつく神は、ユダヤ系の神です。
何のことはない、高橋信次に対する批判がそのまま大川隆法にも当てはまるということです。
(2013.01.22 04:42:57)