読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

「素顔の大川隆法」PR動画の感想

信者系ブログ・サイト紹介

こちらです。

やっぱり脚が細い

「新春対談」の様子が週刊誌に載った時の写真でも思いましたが、脚が病的に細いですよね。
f:id:antikkuma:20130630214522p:plain
こんな感じ。
足首から太ももの辺りを見ると、とてもじゃないが、健康な人の足とは思えません。大川隆法という人は、中川隆だった少年時代から、脂肪が付きやすいタイプの子だったんですよね。だから余計に痩せていることが不自然に思われます。
贅肉どころか筋肉も殆どないのではないでしょうか。噂の胃癌説はやはり本当で、食べられる量が少ないためにこんなに痩せてしまった、と考えるとよく分かります。
2ちゃんねるの使者さんは、「スーツがフィットしてない」(混ぜるな危険! ブログ・サンポール 「素顔の大川隆法」レポート参照)という指摘をしていましたが、それも痩せ過ぎて肩幅が小さくなったせい、という可能性はないでしょうか。
以前はよく大悟館の周辺を散歩していたという話も聞きましたが、もしかすると、最近は、運動とかも余りできていないのかも知れません。「老いは足から」と言います。歩くことで脳が活性化するという話もあります。過去世認定の度重なる変更やそれに付随する矛盾、国語表現力の劣化等、最近の大川隆法の知性の劣化を見ていると、そろそろ脳の方にもキているのではないかということが疑われます。
それこそニーチェのように発狂しないといいですね。

Q「幸福実現党が戦う意義とは」の回答について

2:37あたりからの質問で、以下は大川隆法による回答の文字起こしです。

あえて今は、庶民的に言えば、人気が出ないようなことも平気で言っているために、候補者が非常に逆風で苦しむことが多いだろうと思うけれども、これに耐えて勝つぐらいの強さを身に付けて欲しいなあと、今思ってるんですね。
鉄下駄で走らせている状況かと思いますね。
どう言った気に入られるかいうぐらいは、そりゃあ分かりますけどね。簡単に分かることですので(笑)。
自分の利益になることだったらみんな喜ぶので、それはわかることだけれども……。

全く分かってないですね。
正しくは、自称「エル・カンターレ」とか何とか言って、「神々の主」だの「大宇宙の根本仏」だの言う人を本気で信じるキチガイ集団を信頼する選挙民は殆どいないということです。

「自分の利益になることだったらみんな喜ぶ」ですって!

この発言は、大川隆法の人間観をよく現しているものです。選挙民をバカにし過ぎです。前回の衆院選では、自民党は、国民に負担を強いる消費税増税を掲げて戦って勝利しました。その判断が正しかったかどうかは兎も角として、選挙民は、個人の利益だけでなく、全体のことをしっかりと考えています。
実際には、「幸福実現党」の方が、消費税増税反対とか何とか言って、有権者に対して媚びるような政策で戦ってきています。
カルトは置いておくとしても、党の総裁である人間が、こんな選挙民をバカにするようなことを発言したら、普通は引責辞任モノです。今は泡沫政党だから無視されるているだけです。どんなに候補者たちが頑張っても、総裁が失言を失言とも思わない人間であり、弟子たちもその問題発言を問題発言だと気付くこともできず、カットもせずに嬉々としてPR動画として垂れ流すようでは、もう組織全体が腐っているとしか言えません。
全く人々の心を理解できていない大川隆法と、そんな他人の心の分からぬ人間を師と仰いでいる「幸福の科学」という集団が「気に入られる」ことは、金輪際ありません。
幸福の科学」総合本部のスタッフのみなさん、いい動画を公開して下さいました。今後もこの調子で頑張ってください。