読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

やっぱり「統一教会」信者と全く同じ反応をする「幸福の科学」信者たち

個別記事紹介

私は既に

こういう記事を書いています。そちらを参照して欲しいのですが、強制移動騒動は、過去に「幸福の科学」がカルトと呼んでいる「統一教会」カテゴリでも起き、現在も起きていることです。
さて、その後、更に二つの信者ブログから言及がありました。通常の言論で対抗できないからと言って、内容ではなく場外乱闘的に、他の人が言い出したらここぞとばかりに尻馬に乗って文句を言う。何と浅ましい行為でしょうか。

レオさん

自分で書いてますが、3日連続、通算12回も強制移動をさせられたそうですが、驚いたのは強制移動させられたことよりもむしろ、12回も強制移動させられているのに、それと同じ回数、12回とも幸福の科学カテゴリに戻ってくるという、そのしつこさです。呆れるほどの粘着ぶりですね。

逆に、12回強制移動させられたということは、スルーされた回数も含めて、それ以上の通報をやっているということですけどね。(通報回数)≧(強制移動回数)≧(カテゴリ変更回数)ですから。回数だけで「しつこい」と言えば、そちらの方が「しつこい」のは数学的に証明できます。
ところで、私、今まで、強制移動の通報をしているのは、アマミちゃんをはじめ、一部素行の悪い信者の仕業だと思っていました。でも、今回、複数の方から記事が上がったところを見ると、「幸福の科学」信者の多数派はそう考えていると見てよさそうです。
ということは、なあんだ、やっぱり私の指摘が当たっているじゃないですか。異論がある者は排除する。統一教会と全く同じで、米本氏の指摘によれば、それは中国共産党のやり方と何ら変わりがありません。
信者さんたちは、退会者まで含めて「幸福の科学」というジャンルだと広い心で考えることはできないのでしょうか?それでも「全人類救済」を目指している宗教なのでしょうか?

これぞ「誹謗中傷」ではないか

他人のブログに延々とつきまとって、揶揄や中傷を繰り返す人間は、まっとうな精神の持ち主とは思えません。しかもこの粘着質のしつこさといったら、明らかなストーカーレベルです。

私がいつ「他人のブログに延々とつきまとっ」たでしょうか。私がしているのは「幸福の科学」全体であり、その「果実」としての信者の姿を観測し、白日の下に晒しているだけです。「果実」たる「幸福の科学」信者の素行がおかしいということが分かれば、次第に、まともな信者さんたちも気付いて下さる筈です。
ストーカーでもないのにストーカー呼ばわりする。事実に反することを言って評判を落とそうとすることを、普通は「悪口」とか「誹謗中傷」とか言います。その人の言っていることの内容を俎上には載せず、まずは相手にレッテルを貼り、そのレッテルに基づいて一方的に話を進めるのが「幸福の科学」信者のやり方のようです。(「過去世」というレッテルを貼ってそこから話を進める教祖のやり方を無意識に真似ているためでしょう。)
でも、「悪魔」とか「ゴキブリ」とか言わなくなっただけマシかも知れません。「ストーカー」ならまだ人間扱いされています。まあ、そんなに大差はないですか。
それもこれも、『仏説・降魔経』なんていう呪いの経文を毎日誦げているからこうなってしまうんですよね。曰く、「仏法流布を妨ぐる 悪はこの世に許すまじ 仏法僧への中傷は 極悪非道の所業なり」云々と日々唱えているから、内容の真偽を吟味する前に、拒絶反応が出てしまう。私も、二年前まではそちらの立場にいたので、よく分かります。
あと、運営の方を巻き込むのは止めませんか。自分たちが被害者であるかのように振る舞い、権力に媚びて保護を求める。それも統一教会やその他のカルトと共通することです。
私の言説に噓や間違いがあるのなら、正々堂々と、その間違いを個別に指摘すればいいだけのことです。
そもそも、大きな勘違いをしていると思われるのは、私は、「幸福の科学」の教えによって、人生を大きく狂わされてしまった被害者です。二十年に亙って信者であり、その後、その教えの中にある「毒」に気付いて退会した者です。
ですから、「幸福の科学」という宗教のカルト性とその危険性を身を以て知っています。そういう人間が「幸福の科学は危険なカルト宗教である」と警鐘を鳴らすのは当たり前です。
自分たちの目の前から私を消したところで、真実が消えることはありません。
「二十年に亙って信者であった」という原因があって、「現在、熱心なアンチ活動をしている」という結果があります。全て、「幸福の科学」という種子がなければ、アンチ活動もありません。全て、「幸福の科学」というジャンルの中での出来事です。

ココさん

いや、それはこちらが言いたいことですから……。大きく言えば、「幸福の科学」の存在自体が世間に迷惑を掛けているということです。
幸福の科学」信者から見ても、統一教会現役信者と統一教会退会者との間の争いは、統一教会そのものの問題だと思われるでしょう。
同じように、世間一般から見て、「幸福の科学」現役信者と「幸福の科学」退会者との間の争いは、「幸福の科学」に問題があると思われています。
これだけ大量の退会者を出し(2009年から2011年の2年で約26%)、アンチを自ら発生させてしまっている時点で、「幸福の科学」の命運はもう尽きているわけです。