読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

FILE067:いつだって、幸福の科学!

信者系ブログ・サイト紹介
サイト名
いつだって、幸福の科学
URL
http://www.itudatte.com
著者
しらさき ふみ
生年月日
1972年
開始日
2013年5月17日
関連サイト
http://www.facebook.com/itudatte
内容
非公式体験談集

このようなサイトがひっそりと始められていました。「非公式」とあるので、在家の人が運営しているものと思われます。
恐らく、昨年末、公式に鳴物入りで始められたVoiceeの失敗を目の当たりにした在家の人が、IT伝道局の不甲斐なさに怒り心頭で、私だったらもっといいのを創れるのに、というので製作されたのではないかと推測いたします。
「投稿募集」みたいな告知はないので、「編集長」が自ら取材して書かれているのではないかと思われます。頑張っていますね。
でも、やっぱり、教団にとって都合の悪いことは載せないですよね。
例えば、病気の話で言えば、みんなで病気平癒祈願をしても病気が治らずに亡くなってしまった佐々木英信さんのこととか、館長を務めていたのに急逝してしまった林斉さんのこととか、謎の焼死を遂げた景山民夫さんのこととかは、一切触れられないですよね。

こんな記事もありますが、やはり都合の良い事例しか取り上げられません。
公平性を担保するために、私のブログで過去に紹介した事例を挙げておきます。

このように、統合失調症を含む精神障碍は、治っていない事例の方が多いです。私の考えでは、教祖自身が統合失調症や双極性障碍に罹っており、その影響を受けて寧ろ信者たちも症状が悪化する事例が多いように思います。
まあ、企画倒れに途中で閉鎖したり放置されたりする信者サイトが多い中、どこまで続くかが見物です。
続けているという点では、以前に紹介した

これは週一の更新を続けておられ、なかなか頑張っています。内容はともかく、定期的な更新をずっと守っておられることは、精神や生活が安定している証拠でもあり、私は立派だと思います。

FILE67.5:幸福の科学四方山話

おまけです。
W布教所さんのブログの記事で紹介されていたサイトです。サイト開始日は7月11日で、現在は7月18日で一週間が経過していますが、「あれ?誰も書き込みしてないのん?」という本人の書き込み以外、一切何もないという、非常に可哀想な状況になっています。
「与える愛」とか「愛の神エル・カンターレ」とか言いながら、「幸福の科学」信者諸君に愛がない証拠ですね。信者の皆さん、何か書き込んであげて下さいよ。私、可哀想で見ていられません。アンチであっても、信者になりすまして投稿してあげたくなるぐらいです。
尤も、他の信者からしてみたら、「この忙しい選挙期間中に何をやっとんねん」という話でしょうし、仮に選挙期間中でなくとも、Voiceeでさえ体験談が集まっていないのに、どこの馬の骨とも分からないような管理人がやっている、またいつ気まぐれで突然閉鎖されるかも分からないサイトに投稿する人なんて、まあいないですよね。
今後、盛り上がることはあるのか、それともこのまま消えていくのか。推移を見守りたいと思います。