幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

「精舎へ行こう」スケジュールを見てみた

こちらから「幸福の科学」の各精舎スケジュールを見てみました。

吉田達也氏は四国にいるようだ

f:id:antikkuma:20130720041704p:plain
ということで、吉田達也氏は四国正心館で講師をしているようです。
個人的には全く面識がないですが、アイマイミーさんのブログでよく名前が出てきたので覚えています。

この辺を参照。
よく分かりませんが、紫央さんの件でまた左遷されて地方精舎の講師をやらされているということですかね?

西門さんが渋谷精舎にいた

西門氏は信者の間でも全く有名ではないでしょうが、個人的に思い出のある方です。渋谷精舎の講師の西門寿徳さんって、私が大阪で予備校生をやっていた時、新大阪支部で新入職員として働いておられまして、よく話し相手になって下さいました。
その後、出版局あたりで頑張っておられたのを覚えています。今は講師をやっているのですね。
facebookのページも見つけたので貼っておきます。

「関西校見学」の予定があるらしい

琵琶湖正心館のカレンダーですが、8月11日、12日、13日、17日、18日に「関西項見学」という予定が記されています。

「宗教行事はない」筈だが……

以前の記事(2月24日学園関西校落慶式典の感想など - 幸福の観測所)でも紹介しましたが、住民と幸福の科学学園関西校の間で、このようなやりとりがありました。

住民:近隣で布教活動はするのか。行事はあるのか。学校の名を借りて宗教イベントをするつもりはないのか。
不特定多数がくるのか。治安悪化が心配。

学園:宗教行事はない。生徒数は確かに多いので、治安に不安が絶対ないとは言い切れない。

さて、宗教法人「幸福の科学」の一研修施設である「琵琶湖正心館」のカレンダーで告知される「関西校見学」の意味するところは何でしょうか。

monjuって……

秋田信仰館のカレンダーのアドレスが、

となっていまして、文殊館の名残がありました。
ちなみに、このアドレスの場合、「7」が月で「9」が版を示していて、ここを変えると、過去のカレンダーを幾らでも参照できたりします。
少し数字を変えて見てみたところ、たとえば、

こうすると、2010年のカレンダーが出てきます。懐かしいですね。

小田正鏡さんがニュースター・プロダクションの社長になっていた

過去のカレンダーを見ていたら、小田正鏡さんがニュースター・プロダクションという会社の社長になっていることを知りました。

設立は2011年1月、代表者は小田正鏡となっています(小田さんのfacebookはこちら。http://www.facebook.com/yasuhiro.oda)。
タレントも何人か所属しており、2013年7月から放送になっている「ウルトラマンギンガ」のメインキャストを務めている雲母(きらら)というタレントもいるようです。今のところ順調なようですが、「幸福の科学」は、『仏陀再誕』のテーマソングを歌ったウ・ソンミンにしろ、幸福実現党応援のために立ち上げられた脱藩ガールズにしろ、『黄金の法』の主題歌を唄わせたゴールデン・ブリーズにしろ、悉くタレントを育てることに失敗してきていた過去があり(他にも「スター養成スクール」とかもありましたがどうなったのでしょうか)、この会社が発展していくことができるのかどうかは見ものです。