読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

番外篇File001:創造意識(惑星エル星意識etc.)中村光希

前置きの話

幸福の科学」の世界観はそのままに、独自のことを唱えている別派系のブログを偶然見つけましたので、番外編として紹介いたします。(元信者ではなさそうなので、厳密には別派ではないかも知れませんが、「○○次元」とか「惑星意識」とか言っているので、ここでは「幸福の科学ワールド」(または「高橋信次ワールド」)の別派として取り扱います。)
この種の動きは、大川隆法の求心力の低下と共に、今後も増えてくるであろうと思われます。
信者の皆さん、それからアンチや退会者の皆さんも、このような「劣化版・幸福の科学」、「劣化版・大川隆法」みたいなのには引っ掛からないで下さいね。大川隆法で懲りて下さい。
では、紹介に入ります。

まずはテンプレ紹介から

サイト名
創造意識(惑星エル星意識etc.)中村光希ブログ ~エル星意識(旧地球)の21世紀 新・精神文明の道開き/世界統一活動をしています。
URL
http://ameblo.jp/totalhealing/
著者
創造意識 中村光
性別
男性
血液型
O型
生年月日
1973年
住所
兵庫県西宮市
活動開始日
2012年7月25日
関連サイト
http://www.facebook.com/nakamura.koukifacebookの個人ページ)、http://twitter.com/sukuna777twitter)、http://total-healing.jp(公式サイト)、http://foussa11.wadukuri.com/chan-6773514/all_p1.html(別ブログその1)、http://blog.goo.ne.jp/totalhealing(別ブログその2)、http://plaza.rakuten.co.jp/jinseigaku/(別ブログその3)、http://ameblo.jp/sukuna08/(別ブログその4。他にもあるかも知れません)
内容
スピリチュアル系

タイトルからしてもうあれですが、自己紹介によれば、

2012年7月25日以降、新惑星意識(地球意識)として、惑星内の運行法則を司っています
中村光希(なかむらこうき)と申します。

とのことです。いきなりビックリですね。

<私(中村光希)の惑星内の活動目的>
★第一の役割は宇宙意識を騙り混乱させる存在
 (ヒーラーやニューエイジ系セラピストの中の対象者)の調査。
★第二の役割は惑星内の人間集合意識の意識上昇の為の意識体(魂)の仕分け
 (魂の最後の審判)の計画実施部隊。全ての魂の救済活動。
 (5次元霊界⇒6次元天界へ:善悪の価値観⇒善悪の観点が消えた意識へ)
★第三の役割は創造根源意識から創造された宇宙の証明をする活動
 具体的には「世界の政治・経済・思想・社会」の統一の誘導活動。

まあ、一般の人は失笑するか、心配するだけで、こういう人の言うことを信じることはないでしょうが、KK信者のような人は、引っ掛かる可能性が高いです。

現に引っ掛かっているKK信者の例

意外なところ、ふろんてぃあさんがこんなのを書いていました。

いつも更新を、楽しみにしている中村さんのブログ。
とても気に入った記事なので、再稼働のとこだけ、一部、魚拓です。
原子力発電所にも意識があり、世の中のために働く施設は、意識の次元が高い。
日本の原子力発電所は六次元の意識。
使わないと意識が落ちる。
なるほどなーーー。

という風に、完全に信じてしまっています。
「○次元の意識」とか言うのは、「幸福の科学」的な世界観と全く同じだから、信じてしまうんですね。

中村光希は大川隆法をどう見ているか

ブログ内を「大川隆法」で検索すると、幾つかの記事がヒットしますが、「大川隆法日蓮の生まれ変わり」と言っているようです。

日本の宗教団体の「幸福の科学」の主宰の”大川隆法 総裁”がヘルメスと名乗っていますが、それは嘘です。
大川隆法さんが9次元の救世主意識、仏陀(ゴーダ・マシッダールタ)の生まれ変わりというのも嘘です。
加えて、ブッダが地球内最高霊でありエル・カンターレであると述べていると思いますが、正気とは思えません。

云々と。また、

私の元知人が最初幸福の科学に入会していたようですが、かなり前に脱会したようです。
私は会員ではありませんが、昔ファンでしたよ。
しっかり理論は成り立っています、しかし導きの方向が違っていると思いますよ。
もはや宗教が不要になる時代に向かっています。
逆に大きくしようとしてどうされるのでしょう?

とも述べています。スピリチュアリストだけれど、宗教不要論者のようです。
一方、公式サイトの

この辺を見てみると、基本の「チャネリング・スピリチュアルカウンセリング」は一時間一万五千円で、「トランスチャネリング」になると一時間三万円等の料金でカウンセリングを行っているようです。
一方では宗教不要論を言いながら、やっていることは高額の料金でカウンセリングを行う。これはアカンでしょう。
ふろんてぃあさんやその他の信じやすい純朴な信者さんたちも、どうか、KKを退会しても、こんな変なのには引っ掛からないで下さいね。

問題の根源にあるのはやはり「霊性進化論」

だと思います。
高橋信次は霊界次元構造説を唱え、自分自身を「エル・ランティ」であるとし、人間としては最高に位置する九次元霊のトップだとしました。
大川隆法はそれを受け継ぎ、自分自身を「エル・カンターレ」であるとし、九次元霊のトップであり、更に次元構造説を拡張し、「十三次元宇宙霊」というものを言って、自身を十三次元宇宙霊や、それ以上の根本仏とも繋がっている存在である、としました。
中村光希もそれを受け継ぎ、自分自身を「エル星意識」であるとし、

私(中村光希)の役目は16次元、17次元の宇宙創造主意識が宇宙の創造者であり、その他の存在は崇拝の対象ではないし、”宇宙(地球)の支配者でも無い”という事の説明と判りやすく証明をすることが主目的です。

という風に、大川隆法の拡張した次元構造を更に拡張しました。
これは、大田俊寛氏が『現代オカルトの根源』の中で指摘した霊性進化論の弊害の一つ、「(3)偽史の膨張」に該当する例です(大田俊寛著『現代オカルトの根源』(ちくま新書)読書感想文 - 幸福の観測所参照)。
まるで、ドラゴンボールをはじめとする少年漫画の強さのインフレーションの構図そのままで、客観的に見ればおかしい話なのですが、渦中にある人には分からないでしょう。
一度、霊性進化論的な「偽史」を信じ始めてしまうと、何が本物なのかも分からなくなります。証明するものは何もありませんから、混乱するばかりです。
少し前にも書きましたが(「霊性進化論」について思ったこと - 幸福の観測所)、この「霊性進化論」を乗り越えるためには、「分からないものは分からないままにしておく」という態度が重要かと思います。
最近、「幸福の科学撲滅相談室」でも、

このようなスレッドがありまして、意見の交換が行われていました。ポラリスさんは「霊的な事に目をつぶる」と言い、管理人さんは「保留」と言っておられますが、私の言っていることと同じと思われます。
大宇宙の創世とか、それ以前の話なんて、神ならぬ小さい人間に分かる筈もありません。大宇宙創世の神が人間に宿るということは、絶対にあり得ません。空間的に見ても、時間的に見ても、大宇宙の大きさと人間の小ささを比較して考えることのできるだけの知性があれば、それがあり得ないことは明白です。
カルト信者やオカルト思想信奉者は、信仰心があるようでいて、「神」というものを余りに小さく見過ぎています。偉大なる神が人間の肉体に宿ることなど絶対にあり得ません。神を自分の都合に合わせて卑小化しているという意味で、オカルト思想信奉者は却って神を愚弄しているものとも言えます。

別派ブログについて

今後も、見つけ次第、こちらのブログで紹介していきます。タレコミ等があれば、メールや掲示板でお知らせ戴ければと思います。
信者のうちから「霊言」をやり始めている

この辺の人や

この辺の人にも要注意です。