読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

大川きょう子さんは何故「大川きょう子」なのか

この期に及んで、大川姓を捨てない所がミソだと思います。大川隆法が中川隆としては最早生きられないように、大川きょう子さんも木村恭子としては最早生きられないのでしょう。中川隆が愛される必要があったのと同じく、木村恭子も愛される必要があったのだと思います。
イエス・キリストの言葉で「罪なき者、石もてこの女を打て」というのがあります(http://www.dab.hi-ho.ne.jp/s-kunita/club/jesus.html)。人は、全く同じ環境下に置かれたとき、全く同じ行動を取るものです。その理解や配慮が「愛」と呼ばれるものだと思います。それが「自他一体」という考え方の根本にあるものだと思います。
もし、自分が木村恭子さんと全く同じ生まれ育ちだった場合、全く同じ行動を取る、ということです。誰だってそうなります。輪廻転生を信じている人なら、「魂が作られた時から」と置き換えて考えて貰えばよいでしょう。
決して、きょう子さんを非難する人たちを否定するものでもありません。アンチや退会者の人がきょう子さんを許せないと思うのも当然だし、その気持ちもよく分かります。
私の立場から言えば、きょう子さんは徹底して反省し、霊性進化論的思想を捨てて、みんなにごめんなさいをして、「木村恭子」として生きていくべきだと思います。それ以外に救われる道はないと思います。でも、きょう子さんの立場で考えてみると、そうすることは難しいのだろうということも分かります。
きょう子さんがGLAに出会ったのは、たしか、中学生の頃からでしたか。大学生で「幸福の科学」と大川隆法に出会い、卒業後結婚して、二十数年、教祖の妻として生きてきた人だから、宗教以外にできることも無いのでしょう。宗教家として生きる以外の道は考えられないのでしょう。神への絶対の信仰を持っているが故に、「運命」ということも信じてしまうので、尚更、逃れることはできないでしょう。
それで、大川きょう子さんは、一生、宗教家「大川きょう子」を演じていくことに決めたのでしょう。自覚しているのか無自覚なのかは分かりません。呪われた「大川」姓を使い続け、思想的にも全く無反省です。大川隆法と「心中」するつもりのようにも見えます。
やはり、私は、きょう子さんは「幸福の科学」の一番の被害者だと思います。(と同時に加害者でもある点がややこしいのですが……。)未だにマインド・コントロールは解けていませんよね。きょう子さんと交流のあったカトリックの神父さんたちは何をやっていたのでしょうか。そこも少し疑問です。
まあ、思うがままにやったらいいと思います。それで、大川隆法に、自分の蒔いた種の「果実」をとくと見せてあげて欲しいです。

カルト新聞のコメント欄から

匿名 さんは書きました...
結局人間って自分のやりたいことしかやらないんだよね。
霊言封印していた大川は、きょうこを追い出したら自分の得意の霊言を復活させるし
きょうこはもともと宗教好きだから、離婚が確定したら自分の一派を作り出す。
瞑想がお好きみたいだからキリスト教の洗礼を受けても自分のカラーに入れてる。

きょうこのプロフに幸福の科学と関連があったことを記している。
事実とはいえ、なかなか言いたくないだろうに、著作までいれて堂々としているのを見ると
あの団体で主催補佐をやっていたこと自体は悪く思ってない気がするね。

2013年7月30日 19:14

そうでしょうね。

匿名 さんは書きました...
旦那も元妻も同じ穴のむじな。

両方で潰しあってくれれば面白いんだが。

2013年7月30日 21:16

私もそう思います。

匿名 さんは書きました...
ワタクシ、何の実績もありませんが東大を出まして、霊能力のある夫と宗教活動をして人とお金を集めましたの。
何の根拠もございませんが霊能がありまして、祈ったり瞑想しますと力が涌いてきます。
これまでの宗教の実績を生かして人に指導したいと考えております。

心がきれいってすてきネン!

イタいおばちゃんってかんじですが、対抗馬としては最適ですのでどんどんやっていただきたいと思います。

2013年7月30日 23:44

匿名 さんは書きました...
>>あの団体で主催補佐をやっていたこと自体は悪く思ってない気がするね。

>何の反省もしてねえ。という事だ。

2013年7月30日 20:03


そのようですね。反省の色なし。
むしろ 大川の妻で教団のナンバー2であったことは自慢しているし、最大限の利用を試みているようですね。

ついていくのは懲りない宗教ジプシーぐらいだろうけど KK崩壊後の受け皿だと考えたら、まあ意味もあるでしょう。

2013年7月30日 23:57

この辺も同意です。