読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

方針転換

閑話休題

私は、何とかして、すっかりマインドコントロール下にある「幸福の科学」信者を、一人一人、救っていきたいと考えている。
幸福の科学」信者は、プライドが高いから、自分が救済の対象であるということには耐えられないだろう。特に、学歴や職歴の立派な職員たちは、自らがこの世的にも霊的にもエリート街道を歩んできたという強い自負があるから、尚更、耐えられないだろう。
幸福の科学」には、強い選民思想がある。それは、組織の上部へ行けば行くほど強くなる。
しかし、世間の人から見れば、それは全く逆転して、カルト教団の幹部というのは救いようのない可哀想な人たちということになる。オウム真理教の幹部と似たようなものである。
二つ前の記事で、脱マインドコントロールの段階について考察してみた。信者(職員を含む)のマインドコントロールを解くためには、それこそ「次第説法」的な、「対機説法」が必要となる。できれば、元職員や元講師の方に、早く目覚めて戴いて、脱マインドコントロールのための研修ソフト制作をして戴きたいと切に願う。「幸福の科学」の講師陣は、本当に頭の良い方が多い。私は何年も近くで見ていたからよく分かる。どうか、その頭の良さを、本当に人々が幸福になる方向で生かして戴きたいものである。
私は私で、できるかぎりのことをやっていくしかない。

ということで

ここでちょっと方針転換です。このブログを始めてから半年余り、信者のサンプルは、大体、集まったと思います。その「果実の善し悪し」は、ハッキリしたでしょう。個人的にも、信者ブログを観察するのは疲れてきました。余りにも毒が多すぎます。教団は、何もしなくても、遅かれ早かれ、自壊するでしょう。
これからは、もうちょっと本質的な部分への考察等をしていきたいと考えています。これから更に増えるであろう退会者たちの心の不安を取り除くことができるような、「幸福の科学退会者読本」的な内容にしていけたらなあと思います。少し更新頻度は落ちると思うし、内容も今までとは多少異なってくると思いますが、今後ともよろしくお願いします。