読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

人の良心にもそれぞれ違いがあるのだなあということに漸く気がついた

閑話休題

今まで、「幸福の科学」では「人には皆仏性がある」と教えられてきたし、孟子の四端説などと合わせて、「人はみな共通の良心を備えているのだ」と思い込んできた。
しかし、三十数年生きてきて最近漸く分かったのは、どうも、人それぞれ良心を備えているのは確かなのだが、その良心にも違いがあるらしい、ということである。私がやってはいけないと思うことでも、他の人は平気でやっていたりする。逆に、私が何の気なしにやっていることでも、他の人には許し難いことのように感じられたりもする。
それは、「話せば分かる」というレベルのものではなく、幾ら話し合っても、ギャップは決して埋まらないものである。
人と交流するためには、「それぞれ良心にも違いがある」ということを前提にしなければならないのではないか、ということに漸く気づいた。今までは、「人には仏性というものがあるから、どんな人とでも、いつか分かり合える日が来る」と暢気に考えていたが、そうではなかった。また一つ愚かな自分の思い込みを発見してしまった。「幸福の科学」信者に共通する傾向かどうかは分からないので、これは必ずしも「幸福の科学」によるマインド・コントロールではないかも知れないが、もし共通するのだとしたら、また一つマインド・コントロールが解けたということになる。
例えば、同じく「世の中には不正なことが溢れている」という現実を見ても、「やはり世の中、間違っていることが多い。自分は不正なことをしないで行こう。世の中の不正を正していこう」と考える人もいれば、「これだけ悪い人が多いのだから、自分も多少はズルをしてもいいだろう。というか、そうしないと損をする」と考える人もいる。後者は人の多い都会、特に大阪に多いような気がする(偏見かも知れないが)。
また、昨今、アルバイト店員が店の冷蔵庫に入り、その写真をtwitterで公開する事件が相次いだり、所謂「LINE殺人事件」などがあったりした。人は一人ではなかなか悪いことはできないのだが、仲間がいると、軽い気持ちで、非常識なことを平気でしでかすことがある。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というのは、そういう人間の心理を的確に表した言葉である。
一人では不正なことはできなくても、集団になるとやってしまうことがある。殺人ほどのレベルでなくとも、未成年の飲酒や喫煙、イジメなど、その辺でありふれていることでもある。しかし、これもそれぞれの良心の違いがあり、集団になっても不正をしない人もいる。そういう人は、そもそも集団から弾かれてしまうであろうとも思う。
集団の側の理屈としては、「多少の不正をしても、空気を読んだり、仲間とノリを合わせたりする方が大切である。空気の読めない人間は最低である」というようなことになるだろうか。法律よりも、集団の調和を優先するというのは、それも一つの「良心」の形なのだろうと思う。
そういう文化の中で育った人は、そういう考え方をするようになるということだけであろう。「ミーム」という言葉を使えば、人それぞれ、持っているミームに違いがあるということだろう。共通点もあるが、違うところもある。
この間、何となくテレビを見ていたら、県民性の違いというのをやっていた。「大阪人以外はノリツッコミができるか」というのがあり、案の定、他の地域の人たちは、ノリツッコミはできていなかった。このように、同じ日本国内でも、それぞれ地域性というのがあり、価値観にも違いがある。それぞれの家庭でも違うし、兄弟間でも違ったりする。
「良心」ということについて言うと、世の中には「サイコパス」と呼ばれる人たちもいる。そういう人には、良心が無いとされている。
人それぞれ、良心には違いがある。自分がおかしいと思うことでも、他人には何でもないことであったりする。逆に、自分が何の気なしにやっていることでも、他人にとっては許し難い行為であったりもする。その度に驚いたり、怒ったり、怒られたり、色々である。

追記

良心というのは、先天的に備えられているものではなく、後天的に形成されるものである。(子供の無邪気さは時に残虐性を兼ね備えている。)しかし、同じ日本に生まれ、同じ義務教育を受けて、同じ空気の中で育っても、人によって違いがある。ある程度の同質性はあっても、大きく異なる部分もあったりする。地域差もあるだろうが、特に親の影響が大きい。
人によって良心が違うということは、「悪いことをすれば、良心が痛む」とは必ずしも言えないということである。私が悪いと思うことでも、他の人にとっては悪いと感じられることではない。(逆もまたあるだろう。)
つまり、誰かが何らかの罪を犯したとき、全く良心が痛まない場合もあるということである。全く良心を持たないとされる「サイコパス」というのは極端な例であるが、人それぞれ、部分的には「サイコパス」的素質を持っていると言えるのではないか。
経済的には格差社会と言われ、肯定する意見も否定する意見もある。しかし、人の良心の格差については議論どころか認識すらされていないように見える。問題は寧ろそちらの方が大きいのではないか。
現在行われている民主主義のシステムが「人はみな平等である」ということが前提であり、思想・信条については「自由」という方向性しか示されないからだろうか。
実際には、どう考えても、人の良心には差がある。人は平等ではない。私生活でも裏表のない高潔な人格者もいれば、表向きはまともそうな顔をしていながら、人の見ていないところでは悪いことをしているようなのもいる。
人々がよりよい社会を築いていくためには、よりよい良心を持つ人々を増えていくような仕組みが必要である。かつては宗教がその役割を果たしていたのだろう(特に儒教)。「やはり、宗教は必要である」という人たちは(私も含む)、この辺を重視しているのだと思う。
自然淘汰という観点からすると、自己中心的でがめつい人の方が栄えることもある。しかし、それでよしとしなかったのが人間の歴史である。
私はやはり、徳治主義的な社会がやはり理想的だなあと思う。明治維新以後、そのような考え方は衰退してきたが、それは一時的な衰退であり、やはり、人間には必要なものである。

追記2

たまたま見た10月13日(日)のNHKスペシャルで、中国で儒教が復権の兆しあり、というのをやっていた。どうやら、胡錦濤が儒教を以て国を治めようと考えているのだとか。拝金主義に辟易としていた民衆の側でも儒教がブームになっているとか。少し興味深い傾向だと思った。