読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

イスラム国映像合成説の答え合わせ

最初の報道から約一週間経ち、漸く「合成ではない」という報道がされるようになりました。

イスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織が今月20日、日本人2人を殺害するとインターネット上に最初に投稿した映像について、警察庁の科学警察研究所が分析したところ、「加工や合成された痕跡は見当たらない」とする分析結果が出ていたことが関係者への取材で分かりました。

これはNHKの報道ですが、他社も似たようなことを報じています。以下、見かけたものを列挙しておきます。

産経
【イスラム国殺害脅迫】20日の映像「合成の痕跡なし」科警研分析、撮影日は不明 - 産経ニュース
読売
最初の映像、合成ではない…警察庁科警研が分析 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

朝日、毎日はまだ記事がない模様。
さて、ここで少し時間を遡り、前回の記事を書いた時点ではまだ上がっていなかった更なるトンデモ記事を紹介します。

朝日新聞のトンデモ解析記事(1/22付)

謎の解析でやっていました。これについては、

こちらで本人の談も含めた詳しい解説があります。とてもじゃないが合成かどうか判定できるレベルのものではないトンデモな解析技術です。

TBSのトンデモ検証報道(1/21付)

動画ニュースなので消えるのは比較的早いかも知れませんが、今のところまだ残っています。
こちらも自称専門家たちによる間違った検証がされています。「デジタルハリウッド大学の小倉以索准教授」って、前回紹介した産経の記事でも出ていた人ですね。

デマは続くよどこまでも

こちらのfacebookのコメントを見ていると、未だに「合成だ」と言い張っている人が大勢いるのが分かります。STAP細胞の時もfacebookのコメントは擁護派が多かったのを覚えていますが、今回も似たような雰囲気です。facebookでコメントをする人って、どうしてこうも思い込みの強い人が多いのでしょうね。
スリードしたマスコミ各社や専門家たちは訂正したりしないんでしょうか。それともまだ「自分たちは間違ってない」と思っているのかな。
合成説を言い出してミスリードしたことで、政府の対応が遅れ*1、そのせいで湯川さんが殺害されてしまったかも知れず*2、政府が「合成だ」と言うことで国民がそれを鵜呑みにして「じゃあ俺たちも合成してやろうぜ」ということで「ISISクソコラグランプリ」なる不謹慎な動きが起きて事件がややこしくなってしまった、ということもあるかも知れない。
もし初動で正しく判断できていたら、もっと違う対処の仕方もできたのではないか、と思ったりもするのです。
しかし、もちろんこれは推測の話に過ぎず、現在の日本政府の不甲斐なさを見ると*3、どっちにしろ何にもできず結果は変わらなかったのではないかとも思うし、現代日本人の品性を見ると*4、どっちにしろ「ISISクソコラグランプリ」等は行われていたのでは、とも思います。

*1:NSCはなんと72時間期限の目前にして初めて開かれた。イスラム国72時間の日、情報なく過ぎ焦り - 国際ニュース : nikkansports.com参照

*2:とは言うものの、湯川さんが生きている可能性もあると私は思っている

*3:11月から後藤さんが拉致されていたことを把握していたのに今の今まで対応できず、安倍総理の失言によって多額の身代金を要求されるまでになったり

*4:「クソコラグランプリ」というクソみたいな文化は日本のtwitter上にもとからあった