幸福の観測所

反社会的宗教団体「幸福の科学」の批判を中心としたアンチカルトブログです。

「仏国土ユートピア」のルーツは?

幸福の科学」でよく使われる用語の一つに「仏国土ユートピア」というものがあります。
仏国土ユートピアの建設」とか「仏国土ユートピアの実現」とかいう風に使われることが多いもので、「幸福の科学」信者が共通に描いている理想社会といったところです。同じ意味で、単に「仏国土」とか「ユートピア」とかいう使われ方もします。
ふと、大川隆法のパクリ元である高橋信次関連のことを調べていたとき、高橋信次も「仏国土ユートピア」という言葉を使っていることを見かけました。

この現象界で己の魂を磨き
神意に添った仏国土ユートピアを建設せんがためなり

云々と。「心行」というGLAのお経の一節です。(余談になりますが「神意に添った仏国土」ってどないやねん、と突っ込みたくはなります。)
大川隆法は、当初は高橋信次を丸パクリしていながら、教団がある程度大きくなると、今度は高橋信次を否定し出しました(「方便の時代は終わった」事件)。この時、従来教団内で使われていたGLA由来の独特の用語を、より一般的なものへと変更しました(「神理」→「仏法真理」、「神仏」→「仏神」など)。
その際、気付かれずにそのまま使われた用語が幾つかあり、そのうちの一つがこの「仏国土ユートピア」になるかと思います*1
大川隆法及び「幸福の科学」信者は、高橋信次を蛇蝎の如く嫌います。それなのに、高橋信次考案の用語を使い続けているというのは、滑稽なものですね。

高橋信次以前は誰が使っていたか?

仏国土」は、創価学会でもよく使われている用語のようです。「仏国土実現」という風に使われているので、意味的には同じです。
聞くところによると、高橋信次は家族に創価学会員がおり、その影響を大きく受けていたようなので、由来はそちらでしょう。更に元を辿れば、日蓮宗になるでしょうか。
初めて「仏国土ユートピア」と組み合わせて使ったのは、誰だったのでしょうか。もしかすると、高橋信次以前にもいたかも知れません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
ちなみに、大川隆法及び「幸福の科学」信者は、創価学会も「邪教」認定しており、忌み嫌う対象です。それなのに、創価学会由来の用語を使っているというのは、やはり何とも滑稽ですね。

*1:他には「転生輪廻」などがある。http://antikkuma.1616bbs.com/bbs/?mode=r&no=733参照